ブラック企業の特徴とは

「ブラック企業」という言葉はかなり有名になった。
日本ではそれくらい数が多いという事だ。
ブラック企業の特徴としては、一番最初に挙げられるのが、勤務時間が長いという点だ。
つまりこのような企業に勤めると、定時に帰宅できるなどということはほとんどない。
それも残業手当がきちんと支給されればまだ良いのだが、それすら支給されないのがブラック企業の特徴だ。
他にも、常日ごろから従業員を募集しているような会社も、ブラック企業である可能性が高い。
そのような会社は離職率が高いため、常に社員を募集し続けるのだ。
それ以外であれば、達成することが難しいような厳しいノルマがある会社も要注意だ。
ノルマ自体は一般の会社でもあるが、ブラック企業で掲げられているノルマは、社員が体調を崩してしまいかねないようなレベルの物ばかりだからだ。
しかし、入社した会社がブラックだと気づいて辞めることが出来たら御の字である。
ブラック企業のもう一つの特徴として、離職を届け出てもなかなか辞めさせてもらえないという特徴もあるからだ。
退職したいと申し出ても、パワハラ上司に辞めるなと強く言われるのがおちなのだ。
このような兆候がある場合には、ブラック企業であると考えてよいだろう。
そこに勤め続けていると、いつかは体を壊してしまう恐れがある。
そうならないうちに思い切って早期退職するようにしよう。
日本に株式会社は数百万社あるので、何も無理してそのような酷い会社にとどまる必要はないのである。
そのため、労働環境の整った職場に転職することが得策であるといえるだろう。